より多くの行事を凝縮

園で過ごす数年間の間には、沢山の行事があります。大きなイベントから小規模なものまで、様々ですが、どれもその子にとっては大きな行事です。そのため、特定のイベントだけ枚数が多いなど、偏った写真だけを選んで卒園アルバムに掲載するのではなく、小さいイベントまでもきちんとフォローをして、写真選びをしましょう。

こどもたち大人目線でイベントの規模を判断してしまうのではなく、その子にしか分からない感覚がそれぞれあります。そのため、普段の写真などをあまり掲載しないような卒園アルバムではなく、様々な様子が分かるようにした方が色々な個性が集まったページが完成します。子供が良い表情をしているものや、作った表情ではない自然な様子が分かるものを選んで作成した方が、本当に充実した時間を過ごしていたことが分かります

卒園アルバムは、写真を選ぶ作成段階に関わった人の考えが出やすい記念品です。そのため、ある特定の個人だけをひいきするような写真選びをするのではなく、大勢であっても公平に写真を掲載できるようにしましょう。園での行事は沢山ありますが、普段行われているような小規模なものの方が、子供には思い出深いことも多いです。様々視点から物事を捉えられるようにしておきますと、卒園アルバムを作るとき以外でも役立ちます。

 

小さなイベントも掲載

園児卒園アルバムに掲載する写真は、その時の楽しかったことを思い出せる力があります。そのため、大きな行事だけを掲載してページ作りをするよりも、普段の保育の様子を凝縮させた方が、保護者が知らない子供の姿を見せられます。園での様子は担任の先生に聞くしかないことから、参観日などの姿以外を知らないということもあります。そのため、どのようにして過ごしているのかわからないまま、卒園してしまうケースもあるでしょう。せっかく作成した卒園アルバムに、入園当時の様子などがありますと、保護者としても安心できるでしょう。

卒園アルバムは、毎日のように見る訳ではありません。しかし、その分だけ強い思い入れがある人も多くいます。様々な考えの人が集まる中で完成しなければいけないことから、どんな人が見ても喜んでもらえるようにするのが大切です。その際には、子供の意見も少し参考にして、どんなイベントを楽しみしていたかを把握しておきますと、思いがけない行事に喜びを抱いていることが分かるかもしれません。卒園アルバムの写真には、その時のその園児にしか分からない喜びや楽しみがあるので、表情などから理解をして、ページ作成をする時に役立てましょう。

関連サイト
年長さんの卒園アルバム作り | \ネットで/フォトブックStyle | フォトブック | しまうまプリント


卒園アルバムの作成

子供の成長を1冊に集める卒園アルバムは、作成する際にはポイントを把握しておく必要があります。全てを保育士や業者に任せてしまうのではなく、保護者など役員が写真選びなどの関わった方が、面白い内容の卒園アルバムが完成します。

カメラ手作り感覚で作成する園も増えていることから、通園先によって卒園アルバムに対する考え方や規模が変わります。昔ながらの卒園アルバムを作成する園だけでなく、自宅で撮影した写真を使って個人ページを用意するなど、卒園アルバムの多様化が進んでいます。そのため、費用を掛けて豪華に作る一方で、個人作成レベルのコンパクトな卒園アルバムもあります。

卒園アルバムの規模や内容だけではないことから、卒園アルバムが小規模だからと言って、保育体制が充実していないわけではありません。その園ごとの方針がありますので、それぞれの個性があるのもポイントです。より多くの行事を凝縮して掲載することで、大切な時期にどのようなことを過ごしていたのか分かる卒園アルバムは、あることで園児自身も自分が大切にされていたことが改めて分かります

見る機会がそれほど多いわけではない卒園アルバムですが、だからこそインパクトに残るようなものを作成時に凝縮させた方が、後になって見る時に面白いでしょう。写真の選び方やレイアウトなども大切で、その人の考えやセンスが問われる重要性があります。卒園アルバムは記念品として大切に取り扱いされることが多いですので、見た目だけでなくその内容にもきちんとした配慮が求められます。